SSブログ

神は「人の心」を重要視している [メイン【6周目】]

外面をいくら取りつくろっても、内面が伴っていなければ、何の意味もない。

神は、内面を、心を、重視しているのだから、外面は、見てくれは、お飾り程度の存在価値でしかない。

逆に、性格的に気弱で、周りの目が気になったりして、どうしても一歩踏み出す勇気がなくて「やりたくても出来ない」という感じなら、神世界は「思ったことが実現できてしまう世界」なのだから、ちゃんと正しく思えているのなら、それだけでも、十分、神から好評価をもらえていることになる。

行動に移せたら、さらに良いのだけど、まず最初の段階である「心の中でちゃんと正しく思えているのかどうか」が最重要事項なのであって、詐欺師がダマす目的で人に優しく接していたとしても、それが評価されないことは誰の目にも明らかで、もちろん、全てをお見通しである「神の目」を欺くことは絶対に出来ない。

悪いことをしてしまった後に「反省」することが大切で、人間が作った刑務所からは「更生したフリ」で出ることが出来るけど、神が作り上げし刑務所からは「更生したフリ」では出ることが出来ず、そして、ちゃんと更生できたなら、神が、「人間世界よりも上の世界」へと連れて行ってくれるのです。

「人間世界」は、あなたが思っているほど、恵まれている世界じゃない。

もっともっと「上の世界」があるのです。

もちろん、一番上の世界は「神世界」であり、神から見て「良い」と判断された者が、「上の世界」へと行ける片道切符を手に入れることが出来るのです。

神世界では、「固定化された体」「固定化された顔」で過ごしていないのだから、神が「体形」や「顔立ち」で評価することはない。

そもそもからして、神が「人間の体」をデザインして、さらには、「遺伝子」ですらも神がデザインしたものなのだから、そこから派生した「美男美女」も、遺伝子的に流動して成し得た奇跡的な神作品の1つにすぎないのです。

神からしてみたら、服にポケットを付ける程度の感覚で、人間の体に遺伝子を付けている。

付けた理由は、車の運転席で表示されているメーターパネルみたいに、車(人体)の状態を分かりやすくするために可視化しているだけなのです。

人間の目からは、簡単に見て確認することは出来ないけど、神の目からは、簡単に見て確認することが出来ている。

もちろん、見るだけじゃなく、「作り手」である神は、全ての遺伝子の初期設定をした立場なのだから、いくらでも自由に設定を変更し放題なのです。

アニメ映画「千と千尋の神隠し」で銭湯の入り口である橋を渡る時、人間は、息を止めないと正体がバレてしまう設定で、千尋が失敗して息をしてしまいカエルの化け物に見つかってしまった場面があったけど、2001年7月に公開されてから19年たった2020年6月現在でも変わらずに、作者がリニューアルを行わない限り、ずっと「息を止めないと見つかってしまう橋」のまま存在している。

それと同じで、ずっと昔に神が思いついた「人間の子供は母親似か父親似の顔になりやすい」という設定も、その後、作者によってリニューアルが行われていないから、今現在でも残っているだけの話なのです。

「人間的な意思」が加味されている法則は、神が作った法則。

「親に似た子が生まれた方がより愛着が湧くだろう」という「人間的な意思」が加味されているから、そういう法則になっているのです。

神は、普段、自分の体の外側にある「神々が住んでいる世界」で暮らしているから、自分の体の内側にある「人間たちが住んでいる世界」をメインとして行動していないから、なかなか人間世界のリニューアルは行われない。

体内において、自動的に魂が成長していける世界は構築してあるから、神自身は、だいたい、体外で、神生活を満喫しているのです。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)
nice!(43) 

nice! 43

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。